沿革

弊社の沿革をご案内します。昭和40年の創業から今までの歩みを順を追ってご紹介しておりますのでご覧ください。

年月内容
昭和40年現会長玉田栄一が個人商店として乳母車の製造販売を開始。
昭和45年現会長玉田栄一が国内初となるシルバーカーを開発し、製造販売を開始。
昭和62年10月堺市堺区幸通に児童乗物の製造販売を事業目的として当社を設立。
平成9年6月本社を堺市堺区少林寺町に移転。
平成9年11月埼玉県上尾市に関東営業所を新設。
平成10年5月堺市堺区海山町に工場を新設。
平成12年3月関東営業所を埼玉県北本市に移転。
平成13年8月本社を堺市堺区海山町に移転。
平成13年11月堺市堺区出島浜通に出島浜物流センターを新設。
平成14年5月福祉用具の中国での生産を目的として、中国香港に幸和(香港)有限公司を設立。
平成15年3月幸和(香港)有限公司が中国広東省東莞市に中国東莞工場を新設。(中国国内での生産を開始)
平成15年12月関東営業所をさいたま市大宮区浅間町に移転。
平成16年1月中国東莞工場がISO9001の認証取得を受ける。
平成17年3月中国東莞工場がシルバーカーのSG登録工場となる。
平成17年5月玉田秀明が代表取締役社長に就任。
平成18年3月大阪府岸和田市に物流センターを移転。海山町工場を閉鎖。
平成19年8月中国東莞工場がショッピングカートおよび歩行車のSG登録工場となる。
平成19年10月福祉用具を総合的に展開する目的で自社ブランド「TacaoF(テイコブ)」を創設。
平成21年9月福岡県太宰府市に九州出張所を新設。
平成22年3月福岡県大野城市に九州出張所を移転し、九州営業所とする。
平成22年10月歩行車「テイコブリトル」シリーズの発売を開始。
平成22年12月当社がISO9001の認証取得を受ける。
平成23年7月東莞幸和家庭日用品有限公司を設立し、中国東莞工場を幸和(香港)有限公司から移管。
平成23年11月関東営業所をさいたま市大宮区三橋に移転。
平成23年12月中国東莞工場を中国広東省東莞市東城区に移転。
平成24年6月大阪府岸和田市臨海町に物流拠点KDC大阪を新設。
平成27年10月ロボット技術を搭載した業界初となる歩行車「リトルキーパス」を発売。
平成28年3月「リトルキーパス」が介護ロボットとして国内初となる介護保険のレンタル対象商品に決定。
平成28年6月KDC大阪を閉鎖し、大阪府岸和田市地蔵浜町に幸和メンテナンスセンターを新設。
平成28年9月幸和(香港)有限公司を中国香港中環金鐘道に移転。
平成28年10月「リトルキーパス」が第7回ロボット大賞において「最優秀中小・ベンチャー企業賞(中小企業庁長官賞)を受賞。
平成29年5月東京都港区に介護ロボット開発の拠点として「ロボティクスR&Dセンター」を新設。
平成29年11月東京証券取引所JASDAQスタンダード市場へ上場。
平成30年5月幸和メンテナンスセンターを大阪府泉大津市へに移転。

このページをプリント