幸和グループ コード・オブ・コンダクト(行動規範)

コード・オブ・コンダクト(行動規範、以下CoC)は、業務を倫理的かつ適法に行うことを示したものであり、社員および役員が、自分の義務と責任を果たすときの指針となるものです。倫理的かつ適法に行動するという会社の確約を、確実に遵守するための方針と手順を定めたものであり、これらの方針・手順は、当社および国内外にある全てのグループ会社の社員および役員に適用されます。

1. 法令の遵守

当グループは、すべての法律、規則および規制を遵守し、また高い倫理基準に従って事業および業務を行います。

2. 健全な職場環境

当グループは、人種、信条、宗教、性別、年齢、障害、国籍またはその他の許容できない要因に基づく差別や嫌がらせのない、安全で健全な職場を維持します。また、グループ内でのセクシャルハラスメントおよびパワーハラスメントについてCoC違反の疑いがある案件に関しては、社内相談窓口(ホットライン)を設置し審議を行っております。

3. 製造について

当グループは、安全で有効な製品の製造に取り組んでいます。製品の製造にあたって、環境および職業上の健康と安全に関係するものを含め、適用される全ての法律および規制を遵守します。

4. ビジネスモラルの遵守

当グループは、全ての事業機会において積極的、公正に、倫理的に、かつ合法的に競争を行います。取引先からのビジネスモラルに反する提案や取引と無関係な要望については断固拒否いたします。また、同様に取引先へ対しても、ビジネスモラルに反する言動は行いません。

5. 機密情報の取り扱い

当グループは、業務上で得た機密情報や個人情報を、自分の個人的利益のために使用したり、第三者に開示したりしません。

6. 良き企業市民となる

当グループは、企業の社会的責任(CSR)の観点に立ち、事業活動がご利用者の生活に密着した業務であるとの認識を持ち、地域社会の発展に貢献するとともに、地域社会・市民とのコミュニケーションを密にし、社会の声に謙虚に耳を傾け、社会の常識と期待にそうよう努めます。
また、地域の環境問題に積極的に取り組み、企業の発展と環境保全の両立をめざします。

7. 反社会的勢力との関係を遮断する

当グループは、暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力との関係を一切遮断します。
また、反社会的勢力排除のため、対応部署や不当要求防止責任者の設置、情報収集・管理体制の確立、対応マニュアルの策定等、社内の態勢を整備します。